トップページ > 三里塚のできごと

三里塚のできごと
BLOG

癒しのインテリア作り ハーバリウム教室

すっきりと晴れた七夕の日、《ハーバリウム教室》を開催しました。
この春から大ブームの兆し、ハーバリウムとは、『植物標本』のことです。ドライフラワーや
プリザーブドフラワーをガラスの瓶の中に入れ、特殊なオイルで閉じ込めます。
お花の組み合わせでデザインは無限大。世界でひとつだけの作品が仕上がります。今回は11名の方が参加してくれました。講師はハーバリウムインストラクターの西野先生。ハーバリウムやフワラーアレンジメント講師と言えば“巻き毛の女性・・”というイメージですが、西野先生はやさしい笑顔が素敵な男性です。最初は『難しそう・・』『緊張する』とおっしゃっていた参加者さんも先生の丁寧でユーモアあふれる指導に笑顔がこぼれます。色とりどりの用意された花材の中から好きな色合い、植物の組み合わせを選び、長いピンセットを使いボトルに入れます。
オイルを注ぎ込むと・・あら~素敵♪ 特殊オイルが持つ光の屈折でお花たちがキラキラを輝きだします。皆さんから歓声が沸きあがりました。最後に先生から、“乾燥して加工した植物も、元は生きていたもの。ドライフラワーになった姿にも生命を感じる”というお話がありました。だからこそ、作る工程にも、出来上がった作品にも安らぎや癒しを感じことができるのだと思いました。今回は土曜日の午前中ということで、平日は仕事や子育て、家事で忙しい主婦の方や、高校生のお孫さんとお祖母さまの参加がありました。いろいろな世代の方に楽しんでいただけるイベントをこれからも、どんどん開催していきます!皆さん、ぜひご参加くださいね。

カテゴリー: 投稿日:2018年07月10日 投稿者:管理者

春からの楽しいお弁当づくり

『三里塚なかよしひろば&三里塚CC共同企画』第二弾!(前回は9月にアロマ講座を開催)
今回は子育て中のママも参加しやすいように託児サービスも取り入れて、楽しいお弁当づくりに役立つハム・ウインナーの飾り切り体験を開催しました。講師は日本ハム株式会社CSR推進部様からお招きし、情報番組などでも活躍されている飾り切り職人さんによる食育教室です。
前半は食べることの大切さのお話。日本は長寿大国ですが、健康寿命は・・・大抵の病気はお医者様や薬が治してくれます。でも健康な体を維持していくことは自分自身にしかできないのです。そのために必要なことは適度な運動習慣と毎日の食事です。ただお腹いっぱいたべるだけではなく、とくに成長期のお子さんには、食事の準備をお手伝いしたり、食材に興味を持たせたり、料理の彩りを工夫して《食べることを楽しむこと》が大切とお話があり、参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。
続いて飾り切りのデモンストレーション。飾り切り職人の清水さんは軽快なトークと包丁さばきでウインナーやハムを使って、ウサギ、ラッコ、ライオン、ゾウ、ハート、チューリップ、バラ、菊・・と、まるで魔法のように作り上げていきます。かわいい作品が出来上がるたびに拍手喝采です。
さあ、いよいよ参加者の皆さんがチャレンジ!(ここから私も参加しました)
う~実際にやってみると、これがなかなか難しく、飾り切り職人さんのようにはいかないのですよ~
ライオンを作っているつもりが、切り込みの幅や角度、パーツを付ける位置でエリマキトカゲになったり、黒柳徹子さん!?になったり・・・悪戦苦闘ですが、それがまたとても楽しくて!!どのテーブルもとっても楽しい笑い声が溢れていました。『お弁当に入れてあげたい』『クリスマスパーティーのお料理に使えそう』と、たくさんの嬉しい声が聞かれました。
もうひとつ大切な託児の方は、慣れない場所(2階の和室)でママから離れて、泣いてしまう子続出でしたが、いつも遊んでいるなかよしひろばに移動すると、落ち着いてスタッフと遊んでくれました。
母子が離れた2時間、ママにとってもお子さんにとっても、いい経験になったのではと思います。だって、ママたちの笑顔も、ママに会ったときのお子さんの笑顔も、とても素敵でしたもの♪
これからも三里塚CCは頑張る皆さんを応援します!

カテゴリー: 投稿日:2018年03月08日 投稿者:管理者

新しい春から始める写経・写仏講座

新年第一号、広報なりた1月1日号で募集を開始した《新しい春から始める写経・写仏講座》。大変多くの方が参加していただきました。(定員オーバーのため、多くの方にお断りさせていただきました。ごめんなさい。)
~ストレスの多い毎日に写経・写仏で精神統一~
写経には脳の活性化やリラックス効果、集中力の養成など、様々な効果があるとされています。「興味はあるけど、私でもできるかしら・・」「写仏はどういうものなの?」と最初は皆さん不安でいっぱいだったようです。でも講師の片岡先生の「皆様にお会いできて、とてもうれしいです!」明るくとびっきりの笑顔で参加者の皆さんも一瞬で笑顔に。
今回の講座では書道の観点から写経・写仏の歴史や作法、仏教の歴史、美しい文字の書き方を学び、実際に写経・写仏を参加者ご自身のペースで好きなものに取り組んでいただきました。参加者の皆さんは、先生のお話に耳を傾け、熱心にメモを取っていました。
いざ、書く時間になると・・・息を止めるほどの集中力で作品に取り組まれ、室内は心地のよい静寂に包まれました。作品には願意(願いごと)を書きます。書き上がった作品には、家内安全、身体健全、心願成就を願う気持ち以外に、「ご縁のひとつひとつに感謝して~」や「亡き夫の命日を前に」「東日本大震災復興祈願」などと記されたものもあり、脳トレ、ストレス解消が目的だけはなく、皆さまが様々が思いを持って参加してくださったことに気付かされ、胸が熱くなりました。
参加者の皆さまの作品は3月4日(日)まで1階ロビーで展示しています。
多くの方に観ていただきたいと思います。
ぜひご来館ください。

カテゴリー: 投稿日:2018年02月20日 投稿者:管理者

1 2