トップページ > 三里塚のできごと

三里塚のできごと
BLOG

笑顔の交差点 三里塚コミセンまつり

11月4日(日)、秋晴れの中《三里塚コミセンまつり》が開催されました。小さな子供からシニア世代の方、日本人だけではなく、たくさんの外国人の方も参加され、昨年を上回る来場者で(約3000人)大賑わいの一日でした。
『空港が近く、多くの外国の方も暮らす三里塚』、『親子代々この土地で暮らし、地元愛・地域の結束が強い三里塚』、そして『新たな若い世帯が子供を育む町三里塚』、これらの融合し新たな絆が生まれました。まさに祭のテーマでもある【さんりづかのまんなかは世界の交差点】を体現した盛り上がりでした。
では、楽しい笑顔いっぱいの、一日の様子をレポートします!

【開会式】
ハイ!みなさん、気がついてくれたでしょうか!2階へ上がる階段に大きなうなりくんが出現しました。この日のためのスタッフ渾身の手作りです。(当日はたくさんの人で、全体を見ることは難しかったかも・・)小泉市長に本物のうなりくん、チーバくんも駆けつけてコミセンまつりがスタートしました。

【バザー・模擬店】
恒例のよもぎの会のバザーや運営協議会、地域の皆さん主催の模擬店。晴れた空の下で食べるのは、本当に気持ちがいいですね。たくさんの家族連れ、お友達、そして売り子さんも笑顔いっぱいです。

【キッズチャレンジランキング&ミニプラネタリウム星たまご】
三里塚CC名物チャレラン!今回のゲームは大人気の「ぎょ・ギョ・魚」、「たこ焼きゾロリ」に「空き缶ツムツム」。上位3名には今回だけの特別なメダルをプレゼントしました。ドーム型プラネタリウム《星たまご》では、未就学児のお子さんが参加できる回も設けて、たくさんの子供たちが星空体験をしました。

【こどものひろば】
こちらは、なかよしひろば合同企画です。今年もなかよしひろばの先生たちが用意してくれたワークショップはとっても可愛いかった~。紙コップ、トイレットペーパーの芯などを利用したクリスマスツリー作り、そしてヨーヨー吊り、大人気でした!
そして駄菓子屋さん『さんりづか2番地』も大繁盛!(決して、儲けてはいませんよ 笑)
小さい子供たちもいっぱい来てくれて、とっても嬉しかったです♪

【わくわく体験コーナー】
こちらのコーナーでは『絵手紙サークル向日葵』絵手紙体験 『編み物サークル城の会』
栗たわし作り 『台湾茶道エコ茶藝』お茶会 そしてボランティアさんに協力してもらい
《缶バッチ作り》を開催しました。出来上がった作品を見せてくれる子もいて、大人も子供もとても楽しそうでした。

【サークル活動発表・世界の国からこんには】
多目的ホールではサークルの皆さんによる書道・絵手紙・陶芸・編み物・フラワーアレンジメント・写真の展示。また今回は9月と10月に開催した主催事業《こころを伝える絵手紙教室》と
《書を深く見つめる写経・写仏講座》の参加者の作品も展示しました。日頃の学びの成果と心がこもった素敵な作品に感動しました。

最後はステージ部門。《世界の国からこんにちは》と銘打つステージです。今回もトップバッターは『のさか太鼓成田支部』 ドドドーンと心臓に響く、迫力の大太鼓の演技からスタートしました。そして今回、初参加のかわいい子供たちのリトミック体操。元気いっぱい踊ってくれました。直前まで元気だったのに、ステージに上がった途端、泣いちゃった子も・・大丈夫!想定内、想定内(笑)みんなとっても可愛くて、ステージ前や横で写真を撮るママたちもお客様も笑顔でニコニコでした。鍵盤ハーモニカ・三味線の演奏に地元高校生のヒップホップダンス、スペイン・メキシコ・台湾・ペルー・ダンスチームの皆さんの踊り・・フィナーレは下座連『明光會』の佐原囃子の演奏に、踊りの『魁会』が加わり、最後まで華やかで賑やかなステージが繰り広げられ、幕を閉じました。

昨年度より、発表・展示・模擬店・バザーなどの参加団体も増え、個人の方もボランティアとして参加してくれました。とても多くの方に足を運んでいただき、《三里塚コミセンまつり》が地域の年中行事として定着しつつあることを感じました。本当にありがとうございます。
前日の準備からバタバタと走り回っている私やスタッフを見て、何人もの方が「本当に頑張ってるね」「すごいよ」「大丈夫?疲れているでしょう」ととても優しい言葉をかけてくれました。もう少し余裕を持ってお迎えしたいと思っているのですが、やはりバタバタと・・・(笑)。でも大丈夫ですよ!皆様の笑顔をたくさん拝見できて、私たちスタッフも笑顔・笑顔の一日でした。
これからも三里塚CCが、地域の《笑顔の交差点》であるようフタッフ一同、頑張ります。
ご協力、ご来場、ご参加いただいたすべての皆様、本当にありがとうございました!

カテゴリー: 投稿日:2018年11月14日 投稿者:管理者

子育て応援サロン

9月26日、三里塚なかよしひろば&三里塚CC共同企画《子育て応援サロン》を開催しました。
今回のテーマは『助産師さんによる赤ちゃんのごはんのお話 ~母乳とミルクと離乳食~』です。生後1ヶ月から7ヶ月までの可愛い赤ちゃんとママ・パパ11組が参加してくれました。
講師の高橋先生は月1回開催している、なかよしひろば助産師相談室の相談員でもあり、お子さんが小さな頃はなかよしひろばをご利用されていた先輩ママです。助産師の専門的知識だけではなく、実体験を交えた丁寧な説明と優しい笑顔でお話があり、会はなごやかな雰囲気に。
今回は気軽に作れる豚汁からの取分け離乳食の作り方の実演がありました。離乳食はマニュアル通りに進めることより、完璧じゃなくてもいい、バランスがよいものを用意(時には市販の物でもOK)し、パパとママが「おいしいね。おいしいね」と言って、一緒に食べる楽しみを赤ちゃんに持たせることが大切とお話がありました。
後半は高橋先生から季節のお野菜いっぱいの豚汁(お味噌も自家製)となかよしひろばの伊藤先生の手作りのおやつ、さつまいものおまんじゅうとお麩のラスクをママたちに召し上がっていただきながら、今回のテーマに限らず、子育ての不安や疑問についてフリートークの時間を持ちました。初めての育児にたくさんの不安を持っていることが感じられましたが、イベントに参加して「難しく考えなくても、大丈夫そう」とか「離乳食を始めるのが、楽しみになった」と、ママたちからいっぱい笑顔があふれました。最後に伊藤先生から「赤ちゃんを家から外に連れていくだけで、社会を明るくするんですよ」と言葉がありました。本当にその通り!ママたちが試食をしているとき、赤ちゃんたちをいっぱい抱っこさせてもらいました。本当に幸せな気分でしたよ♪
ありがとうございます。
三里塚CCではこれからも子育て中のファミリーを応援しま~す!

カテゴリー: 投稿日:2018年10月02日 投稿者:管理者

さんりづか歌声サロン♪

『みんなで歌って、心も体も健康に♪』をテーマに《さんりづか歌声サロン》を開催しました。
童謡・唱歌から懐かしい昭和の歌謡曲、フォークソングなどを本格的なピアノ伴奏で歌います。スタートは少し肌寒い、雨の五月・・・1曲目は誰もが知っている『ふるさと』です。
最初に「さんりづか歌声サロンは楽譜が読めなくても、上手に歌えなくても、いいんですよ~」と呼びかけましたが、「あら?」予想以上に皆さん緊張されている?声がでていません・・・
そこで、講師の加瀬先生は楽しいゲームを提案。ピアノの曲が流れているときは椅子から立ち、曲が止まったら座るというルールです。最初は優雅な曲調なのですが、だんだんと早く~時に不規則に音楽が止まり、私も皆さんもついていくのがやっと!ハーハーと息を切らして大爆笑!
これで緊張もすっかり解けました。
今回は5月から7月に月1回開催の企画。毎回、必ず歌ったのが“松原遠く~消ゆるところ~”の『海』です。とても高い音もあり、なかなか難しい曲ですが、加瀬先生が声楽の発声方法をユーモアたっぷりにアドバイスすると、驚くほど、美しい声がでるように!これはとても感動的でした。季節は初夏から盛夏へと移り、夏の童謡の数々、青春時代のあの曲この曲を歌い、笑顔と供に、皆さんの幼い頃の思い出、青春時代のお話をたくさん伺うことができました。私自身も中学生の時は合唱部部長(キラーン☆)皆さんのおかげで、とても楽しく音楽の楽しさ・パワーを改めて感じることができました。ありがとうございます!
秋も冬も春も・・・素敵な歌がいっぱいあります。また季節を変えて、《さんりづか歌声サロン》開催したいと思います。より多くの皆さんの参加、お待ちしております!

カテゴリー: 投稿日:2018年08月03日 投稿者:管理者

1 2 3